PSGTrackerで操作ができなくなったら

PSGTrackerは操作性にクセがあるので戸惑うことがあります。「キーが反応しなくて操作できない」と焦る前に、早い段階で読むことをオススメします

・ステップ入力の途中で、削除したり別の命令を入れようとしていませんか?音階入力やピッチベンドなど数値入力を伴う命令は数値まで入れないと削除も他のステップへの移動もできません。

・CAPS、カナ、GRAPH、CODE、DEADキーを押しませんでしたか?カーソル以外のキーのキー反応がおかしい場合はこれらのキーを押して、元の英数小文字の入力ができるモードに戻してください

・SELECTキーを押してOPTIONメニューに入りませんでしたか?OPTIONメニューからエディターに戻るまでは、再生もMASTER MENUへの切り替えもできません。SELECTを押してエディターに戻ってから、また操作してください。

・OPTIONメニューのファイル名入力途中ではありませんか?ファイル名入力後、エンターで入力を確定してください。SELECTを押してエディターに戻ってから、また操作してください。

※PSGTrackerは同人サークルFlying Bytesによって開発されたMSXのPSG音源用トラッカーです。MSX Resource Centerでフリーウェアとして配布されています。

https://www.msx.org/news/development/en/psg-tracker-freeware

Moonblaster Music File Loader2

このバッチファイルは参照用のMoonblasterの曲データをMSXArchive.nlからダウンロードし、MSXエミュレータで読み込めるようにします。MRCを対象とした前回のスクリプトと同様です。

I wrote bat file which makes download MB files from MSXArchive.nl easier as well as MSX Resource Center to load by MSX emus for reference.

Download:

http://msx.click/wp-content/uploads/2019/01/GETMANLMB.zip

Moonblaster Music File Loader

Moonblasterは原作者様により、現在ではオープンソースソフトウェアとして公開され、素晴らしいコードも参照できるようになっていますが、もともとの”サンプルディスク”はこのアーカイブの中には含まれませんでした。Moonblasterをより知るためには、サンプルディスクの代わりにMSXリソースセンターで公開されている良い作品群を参照するのが、もっともよい手段の一つだと考えました。このバッチはその作業を簡略化します。

このバッチファイルはMoonblasterの曲データをMSXリソースセンターからダウンロードし、MSXエミュレータで読み込めるようにします。

Moonblaster is now distributed as OSS and we can use it with a marvelous source codes thanks to original author, but unfortunately original “sample disk” is not included in this archive. To know Moonblaster further, one of the best way is refer good works distributed in MSX Resource Center web site on behalf of the sample disk, I thought. This bat make this sequence easier.

Download:

http://msx.click/wp-content/uploads/2019/01/GETMRCMB.zip

English patch for NRTDRV180715

There are so many issues to solve, but I make it public.

This is english patch for NRTDRV, for dual OPM(YM2151) and single SSG(YM2149)/PSG(AY-3-8910) controllable music driver.
It is originally developed for Sharp’s X1, but is ported to other JP PC’s which has OPM options, like X1/X1turbo(with OPM soundboard), X1turboZ(embedded, internal OPM/SSG), MSX(with SFG-01/05), PC88(with Sound board “HIBIKI”). Windows’ or Android’s applications emulates OPM/SSG/PSG well and you can play NRTDRV’s music data on such devices, no need to own rare JP 80’s PCs. Some hardware chiptune modules are supported, like NBVx as well.

 

You can use NRTDRV MML compiler (NRTC) with English messages.

MML(Music Macro Languages) was very popular in 80-90’s hobby PCs.

It is produced as IPS patch to original Japanese version of NRTDRV.EXE.

Download:

http://msx.click/wp-content/uploads/2018/07/NRTDRV180715_ENGPATCH.zip

NRTDRV – OPM and PSG music driver

Now I am working on translating NRTDRV manuals.

NRTDRV is originally aimed and developed for Sharp “X1” series computers, which has OPM sound board option was very popular. Highest models of “X1turboZ” has OPM inside and as default. These models were released almost same time as X68000 series, which has OPM as well.

NRTDRV developed in 2009, and is not old software at the time of real X1, ’83-around ’89. MML compiler runs on Windows and supports USB-connected hardware chiptune players as well.

NRTDRV is OPM(max. 2 chips) + PSG music driver on Sharp X1 series PCs and ported fine to MSX with SFG-01/05, especially for YAMAHA’s line ups.

Note, it is important that NRTDRV supports SFG-01 and SFG-05 for MSX, in addition to that, double cartridges of that.

Remember, YAMAHA’s OPM(and successor) have been almost vanished options and supported with only few softwares developed by YAMAHA, and it is difficult to get.

There are many FM sound related replayers which has origin in Japanese 80’s PCs.

NRTDRV official support replayers are “hoot”, “ASLPLAY(CLI)”, “nrdplay” and “MDPlayer”. Many of them supports other sound chips other than OPM and PSG. I want these tools get more popularity among retro sound geeks abroad as well.

I am checking NRTDRV related tools whether English mode available or not. I shall translate and make some patches if there are no support in English.

Slowly but step by step, translation is prepared. Let us play with it!!

ワンチャンmml Xevious

ワンチャンmml第3回!

今回はナムコのゼビウスです。例によって携帯着メロマニアックスのデータを参照していますが、拍を聞き取る練習をしていた結果、時間がかかってしまいました…

今回から見やすくするためヘッダをつけました。最小限ですが、徐々に増やしていきます。

#TITLE XEVIOUS
#TITLE_ANK XEVIOUS
#COMPOSER Yuriko Keino
#PROGRAMMER KUMO

1 v15 q7 t120 f8r8c16f16 a16>c16<a16r16 f16g16r16g16g16 r16d8r16
1 g16f16r16 e16 f8r8 c16f16a16>c16< a16r16 f16f+16r16f+16f+16r16f4

 

ワンチャンmml Fantasy Zone ST.6 with NRTDRV

ワンチャンmml活動報告!

第2回はファンタジーゾーンの6面です。
例によってゲームミュージック携帯着メロマニアックスからのコンバートです。

この週は音作りをしてたんですが、いろいろ間に合わず課題持ち越し。とりあえずの成果報告!

※データ壊れていたので修正しました(2018/3/19)

;Don’t Stop (stage6)
;Fantasy Zone, SEGA

1 v15 r8 L q7>c8< a+8 r2r4 >d4<>c4<a+4
1 v15 q7 a8a+8a2r8 g8 f8 g8 r1

1 v15 q7 >c8< a+8 r2r4 >d4<>c4<a+4
1 v15 q7 a8a+8a2r4 g8 f8 g8 r1r4

1 v15 q7 d+2>d4<>c2<a4f4 >d2<r4 f4 g1 r4 d+2 >d4< >c2< a4 f8 g1 r4 g8 g4 r16 f8 f4 r16

NRTDRVでワンチャンMML活動

数十年ぶりにようやく音楽を再開しました!

「ワンチャンMML」の「ワンチャン」は「1 Channel」の略です。

ワンチャンMML活動では、メロディを1チャンネルのみに絞ってMML打ち込みを
します。ノイズやパーカッションは「ゆるワンチャン」の場合は別チャンネル使用で、
「ガチワンチャン」の場合は全部含めて1チャンネル内に収めます。

現在の対象音源はPSGのみに絞っています。また、音源ドライバとしては、
作成、再生環境の豊富さからNRTDRVを使用しています。

イメージとしてはガラケーの着メロレベルです。
NRTDRVを使ってこのレベルのMML打ち込みをする場合、最小限ですが
以下の範囲のMMLを押さえておけばよさそうです。

MMLトラック書式

PSGのみを使用する場合、トラックは”1″~”3″を指定します

音符表現について
>音程について
>音長について(音楽的音長)

楽譜と対応していますので、簡単な楽譜が読めればすぐに理解できます。

視認性向上用の書式
{}を使って、改行も含めた複数行でMMLが記述可能な書式を押さえます。

MMLコマンド一覧

多くのコマンドがありますが、全てを覚える必要はありません。以下のものを押さえておけば、最低限の打ち込みは十分にできます。

音階、a~g<len>
休符、r<len>
シャープ、+
フラット、-
相対オクターブアップ/ダウン、>,<
区間リピート、[<num> ~ / ~ ]<num>

自分の場合、これでガラケーの着メロレベルのMMLは十分に作成できました。以下に自分が作成したMMLのサンプルを引用します。クオリティはまだまだ低いですが「これだけでも音楽ができる」という例としてあげておきます。

なお、MMLの元データはゲーメストで有名な新声社「ゲームミュージック着メロマニアックスVol.1」を参照しました。

;Magical Sound Shower
;Sega, Out Run

;intro
1{ v15 [2
a16r16>c16<e16 r16g16r16f+16
r16d16r16d16 f+16f+16g16r16
a16r16>c16<e16 r16g16r16f+16
r16r16r16r16r16r16r16r16 ]2
}

;melody
1 {v15
e8r16d8r16g8 e8r16d8r16c8}
1 {v15
d8r16<b8>r16<g>rr8}
1{v15
c8r16<b8>r16d8
c8r16<b8>r16<e16><a16>
<b8>r16<a>rr8<g8>r16}

1 {v15
<f>r16<g8><a16><g><f8><e8>
<d8>r16<e16><c2><r8><e8>
<f>r16<g8><a16><g><e8>c8}

1 {v15 <b8>r16<a2>r8<g8>r16
<f4>r16<g8><a16><g>}

1 {v15 <f8><e8><d8>r16<e16><c2><d16><e8>r16<f>r16}
1 v1 {v15 <g8><a16><g><e8>c8<b8>r16<a>r2r8 }

;interval
1 {v15 [2
a8r16a8r16a8r16
g8r16a8r8
]2
}

;second part

LSX-DODGERS Port for MSX(LDMSX) report003

ZAS error “Too may symbols”

I continued solve the differences between two assemblers as introduced in previous post, I encountered error “Too may symbols”(sic.) while including other source file. (FYI, this error message is not explained in HI-TECH C manuals.)

I suppose, this means “Too many sybols” and memory area is not enough. I decided to compress ZAS binary and make free memory.

I used PopCOM! execution file compresser on CP/M. It is distributed in “PC88 users club library”.

http://www.pc88.gr.jp/softlib/index.php?action=find_by_env&env=/cpm&from=1&size=20

After compression, size of ZAS.COM is 19840 from 37632 bytes.
(I compressed link.com as well this time for further use.)

I wanted to solve memory shortage by this with 18k extended free area, but in vain. “Too many symbols” error is not resolved by memory free area.

前回紹介したアセンブラ間での差分を解消しながら、ソースをアセンブルしていくと、ファイルをインクルードしたときに”Too may symbols”(ママ)のエラーが出てしまいました 。(ちなみにこのエラーメッセージはHI-TECH Cマニュアルに記載されてません)。

シンボルが多すぎる、ということだと思うのですが、メモリに確保している領域が足りなくなるのかな?と勝手に推測。いい機会なので、ZASのバイナリの方を圧縮してみることにしました。

使用したのはCP/M用の実行バイナリ圧縮ツールのPopComです。
PC88 users club libraryにあったものを使用しました。

http://www.pc88.gr.jp/softlib/index.php?action=find_by_env&env=/cpm&from=1&size=20

圧縮した結果、37632から19840になりました。
(後で使うので一緒にlink.comも圧縮しました。)

18k近くも空くなら、メモリ不足は解消するでしょう。
…と思いましたが、結論からいけばダメでした。

Symbolが多すぎるのは、空きメモリを増やしても解消しないようです。